plus c の日々の出来事、雑貨たちのブログです。



plus c
広島市安佐北区可部     3-32-16
phone 082-812-0288
open 10:30-19:00
closed 火曜・第3水曜日



by plusc

芝、復活への道

サッカーワールドカップ始まりましたねー!
ああ、スタジアムの芝生は青く見える。

それに比べてうちの芝生、なんて悲しい状態。

初めはサワサワと風に揺れ
ご近所さんからも「ここの緑は気持ちいい」と言っていただいたものでしたが、あれから20年。
踏みしめや経年のため弱ってしまい、雑草や苔だらけ。
「あんたぁ草抜き頑張るねえ」とご近所さんに声を掛けられつつ
春から秋まで抜きまくっても生えてくる雑草と苔。

e0197500_18043889.jpg





















e0197500_18042820.jpg






















多分、芝のシート張替えが必要な状態なのだろうと理解しています。
土壌改良もちょっとやそっとでは効かないのだろうとも思います。
でも、なんとかできないものか。
体力も根気もいるけれど、ここからの復活を目指そうと心に決めました。


もう一度本を読み直し、ネットで調べまくり。
時期的にはちょっと遅いみたいですが、やれることはなんでもやるぞ!と。

で、こういうの入手いたしました。
ローンパンチなるもの。

e0197500_18044357.jpg





















突き刺すと二つの穴から土がうにゅうにゅと出てきます。
さらに、店主お手製の土受けも装備でさくさくお仕事がはかどります。

e0197500_18044768.jpg





















既にローンスパイクは持っているのですけど
水はけが悪い場合の改善にはパンチの方が有効だそうで。

苔には濃いめの木酢液が効くと知り、吹きつけてみました。

e0197500_18101290.jpg





















ら、何と枯れました。
いとも簡単に枯れましたよ、何年も苦労したのにですよ。

続いて目土、もとい目砂投入。
肥料も撒きましたっ。

雑草は相変わらず手で抜いて抜いて抜きまくり。
たまに熱中し過ぎてお客様が来店されたことに気づかないわたくしをどうかお許しください。

青々とした芝生になるには何年かかかるのでしょうけど
少しづつ少しづつ、復活を目指していこうと思います。

たまに、復活具合をお知らせ、できるといいな。



----- plus c  web site -----




[PR]
# by plusc | 2018-06-18 18:18 | 日常 | Comments(0)

あかりを灯せていたなら

Wink 6月号に掲載いただきました。

数少ない知人何名かに告知しただけでオープンしたのは約19年前。
毎日ヒマヒマでしたけど(そりゃそうだ)
それでも夢と希望に満ちあふれていたことを今でもしっかりと覚えています。

当時、広島にはあまり雑貨店もカフェもなくて
「ここは何?物売ってるの?」とどれだけ聞かれたことでしょう。
なんで街中に店を出さなかったのかとも、よく言われました。

それでも店構えがこんな感じなので、施工会社の方や建築を学ばれている学生さんが見物に来られたり
たまにご近所さんが立ち寄ってくださったり、な日々を送っていました。


e0197500_17025271.gif






















ある日、一人の女性がお店に入って来られました。
そのときは一通り店内を回られて帰っていかれた。

後日、その方がまたいらしてくださったのですけど
その際手には名刺を持っておられました。
差し出された名刺には Wink の文字。

あの日は本屋さんへの納品にこの辺りを通り
たまたまうちを見つけられたとのことでした。

そして取材の申し込みをいただいたのですが
今回安佐南区・安佐北区のお店を特集したいというお話です。
このころ、安佐南・安佐北では個性的なお店の出店が相次いでいました。

なぜこの場所で、どんな思いで店を始めたのか。
ー自分たちが住む町を楽しくしたいからー
そんなことも話しながら店内を撮影していただきました。

出来上がった本の特集に寄せて、編集者の方が感じられた言葉が添えてありました。
「暗いと不平を言うよりも、すすんであかりをつけましょう」
今回の取材でこの言葉が頭に浮かんだと。

これは朝早くにやっている「心のともしび」という番組でいつも流れるフレーズなのですが
決して立地条件が良いとはいえない場所で
その町に暮らす人たちに楽しんでもらえるよう
あえて、この場所で店を開く人々がいる。

みんな、ちょっと変わり者なのかもれないけれど
わざわざ町はずれを選んでお店を出す方も、この頃は増えてきています。

さあ、それからの plus c
ご存知のようにこんなところでやっているにもかかわらず
みなさんに知っていただいて、今に至ります。

同じ年にオープンし、同じ号に載っておられた bois2 さんと
またリニューアルのページで一緒に掲載されるのもご縁だなと思います。

19年目に突入した plus c。
気負うことなく平常心で。



でも、来年こそは何かやらないとね。
20周年ですものね。



----- plus c  web site -----




[PR]
# by plusc | 2018-05-24 18:25 | お店のこと | Comments(0)

GW中のお休み


このゴールデンウィーク中は
5月1日の火曜日のみお休みいたしますが
そのほかは営業しております。

営業はしておりますが
約1名、手すきの時間に草むしっております。
店休日?と思われる方もいらっしゃるかと
事前にお知らせさせていただきました。



e0197500_20380406.gif


























昨日今日と商品が入荷してきました。
品切れしていたいくつかのものも入ってきております。

こちらは新商品の蚊遣りです。
ほかにはフラワーベース、カッティングボードなど。


のんびりオープンしておりますので
こちら方面においでの際にはお立ち寄りくださいませ。







----- plus c  web site -----




[PR]
# by plusc | 2018-04-28 21:32 | お店のこと | Comments(0)

ここは江波、ritardando という名のチョコレート屋さん。
ー次第に遅くーという音楽用語が店名の、4月7日にオープンしたばかりのお店です。


e0197500_16082156.gif





















雨の中伺うと
オーナーご夫妻とスタッフの方が
あたたかく出迎えてくださいました。


e0197500_16082209.gif






















店主はオーナーご夫妻といろんな話をしていました。
何故チョコレート屋さんを始められたのかに始まり、焙煎機や車のことまで。

お二人からは、やりたいことを見つけられた喜びや
これからのビジョンを形にしていく情熱を感じました。

そして、スタッフの方は実は昔からのうちのお客さま。

最初はまだ学生さんでしたね。

ご実家も遠いのに時々いらしてくださって、
お仕事に就かれてからは、こちらから会いに行ったりも。

ここ何年かは県外で働いておられたそうですが
この度広島に帰って来られ、うちのことを思い出して来店くださいました。
つぶれてなくてよかったです。
そして、今度チョコレート屋さんを手伝うのだと教えてくださったのが、ここ rit です。

気になるお店には足を運ぶようにしています。
定休日がまるまるかぶっていたり、
週末しか開いてなくて行けないお店もけっこうあるのですけど
興味を持ったり、知り合いの方にいいお店があるよと教えていただいたら
出来るだけ実際に行ってみます。

扱われるものが気になるから、そこで出されている料理が食べてみたいから、というときもあるけれど
お店の方たちとお話しできるのも楽しみの一つ。

うちとは違う雰囲気の中で、気分よく過ごさせていただいたり
お話の中に、ハッとさせられる発見があったり。

よく言われていることですが
店を営むわたしたちにとっても
「どこで、誰から買うか」というのは大きいことかもしれません。

翻って、
わたしたちのお店で「買いたい」と思ってくださる方が
どれくらいいらっしゃるのだろうかと心配になったりもしますが・・・。



先週になりますが
もう1軒伺ったお店があります。

ホームラン食堂

何人かの方からお話は聞いていて、こちらもずっと気になっていたので。


e0197500_16082162.gif





















丁寧とは何と気持ちの良いことか。
料理もだけど、お人柄も素敵な方が営む食堂。

静かで、柔らかい空気が店主の方からだけでなく
お客様からも感じられたお店でした。

冷蔵庫にあるものでちゃちゃっと作ることが多いわたしですが
きちんと作られたものをいただくということは
こんなにも体が喜ぶものなのだと気付かされました。

来月19年目に突入するこの店と、まだ始めて間もないふたつのお店。
こんなに長く続けてこられたことに感謝しつつも
そういったお店の方たちに教えていただくことのなんと多いことか。



----- plus c  web site -----




[PR]
# by plusc | 2018-04-25 19:30 | 日常 | Comments(0)

4月15日はASAKITAシャンティでした。


e0197500_21342076.gif





















わたしたちを含め、14店舗が出店。
朝10時にオープンです。

先ずはボードと旧道のお花屋さん、ラスールさんが皆様をお出迎え。
お花を小脇に抱えた方がたくさん。

終ってから「スワッグにどうぞ」とお花をプレゼントしてくださいました。

e0197500_21343879.gif





















ラスールさんの花越しに眺めていると、ここは外国?と錯覚を起こしてしまいそうな
自然派ワインのショップ、ハナワインさんのブース。

ケークサレに生ハムと、ワインに合うフードも充実。
シェフ仕込みの黒カレーのいい匂いがずっと漂っていました。

e0197500_21345933.gif





















こちらはキッズたちも真剣かつ興味津々のワークショップ。
メゾンドクロス改めバードアロマティカさんではアロマワックスバー作りを。
普段は高品質の精油やハーブを使ったワークショップをされています。

teteさんでは可愛い似顔絵を。
頑張ってじっとしてた子供たち、きっと思い出に残ることでしょう。

どちらもひっきりなしにお客様。

e0197500_21351673.gif





















全国的にも南部鉄器がこれだけ揃うお店が可部に
と評判の西本金物さんでは、
鉄器の他に、話題の島縞バッグの受注も。

e0197500_21353696.gif





















主催のおいしい菜さん・おはしとこむぎさん
そして自家製酵母ベーグルのCome ComeBAGELさんのフードブースには
行列が途切れませんでした。

このお三方でコラボレートしたランチは48食完売で
その後も食べたい方続出。
やむなくお断りする状況に。

e0197500_21360385.gif




















木のおもちゃSukimaさんのこいのぼりのオーナメントは大人気。
これからの季節に向けてピッタリのオーナメント。

zakkakoppeさんの星飾り、完成したものを皆さん写真に撮っておられました。
一緒に出店されていたトルドさんのアクセサリーは大人っぽくて綺麗で目移りしそう。

e0197500_21362175.gif




















店舗をご自宅に移され、現在はお料理の分野でも活動中のTABITOさん。
目利きの彼女が選ぶものは、品があって素敵なものばかり。

skoaさんのブースにはご本人さんの雰囲気そのままの
可愛らしいハンドメイドアクセサリーが並べられており
多くの方が手にとっておられました。

e0197500_21420317.jpg



























焼き菓子とケーキプレートのプリン担当者ana菓子工房さん。
プリンはレモンソースとカラメルソースのどちらかが選べるというお楽しみも。

ケーキプレートもありがたいことに完売いたしました。

e0197500_21363482.gif




















会場には途切れることなくお客様。
晴れたり曇ったりと気温も上下しましたが雨も降ることなく
わたしたちも楽しい一日を過ごすことが出来ました。

この日、他にもたくさんのイベントがある中
ここに足をお運びいただきありがとうございます。

このイベントに携わったすべての皆様にも
心から感謝しております。



----- plus c  web site -----




[PR]
# by plusc | 2018-04-17 00:03 | イベント | Comments(0)

今週末となりました

まだまだ先だと思っていたら
今週末になりましたASAKITAシャンティ。

そちらに向けての会場作りのため
定休日が明けた水曜から棚や台の移動を少しづつ始めるので
ご来店いただいた際に、二人が右往左往しているかもしれませんが
どうかお気になさらず。

当日 plus c の売り場はコンパクトになります。
入口入って左側スペースあたりに。

売り場縮小に伴い新入荷など少なめではあるのですけど
それでもちょっとだけ新しいものも入ってきています。

OTTAIPNU のタオル

e0197500_17593880.gif





















この頃のうちのセレクトには珍しくイラスト入り。
動物柄ですが、ニュアンスの違うグレー配色で
甘すぎないところが大人にも使っていただけるのではと思い。
同じ動物でもサイズが違えばデザインも異なっているところが心憎いのです。

某アパレルさんとマリメッコがコラボということで
話題となっておりますが
こちらを手掛けたテキスタイルデザイナー鈴木マサル氏も
天下のマリメッコにデザインを提供されたことがあります。

なんて
店頭に置いた後に
そういうこと知ったという
情報にうといわたくしでございました。



----- plus c  web site -----




[PR]
# by plusc | 2018-04-09 18:45 | お店のこと | Comments(0)
可部で有機野菜などを扱うおいしい菜さんと
5周年を迎えられた民家カフェおはしとこむぎさんが
立ち上げたイベント、ASAKITA シャンティ。

ここ plus c を会場に14店舗が集まります。


e0197500_12310195.gif






















4月15日日曜日
10:00~16:00
at plus c

全員ではありませんが
メンバーがそれぞれにコラボレート。
コラボランチやデザートプレートもご用意いたします。

出店者
■フード
ana菓子工房(焼き菓子)
おいしい菜(サラダセット・野菜デリ)
おはしとこむぎ(パン・焼き菓子・自家製ドリンク)
ComeComeBAGEL(自家製天然酵母ベーグル)
hanawine(フード・ワイン)
■雑貨・販売
skoa(アクセサリー)
TABITO(雑貨)
西本金物(南部鉄器の実演販売・「島縞」バッグの受注販売)
plus c(生活雑貨)
■販売・ワークショップ
Sukima(こいのぼりオーナメント作り・木の雑貨販売)
tete(似顔絵)
bird aromatica(アロマワックスバー・雑貨販売)
le soeur(スワッグやブーケ作り・花苗・植物販売)
zakkakoppe(星飾りプチレッスン・アクセサリー販売)


e0197500_12310146.gif






















ワークショップをはしごしたり
おいしいもの食べたり飲んだり
お買いもの楽しんだりと
のんびりお過ごしください。


わたしも久々にコラボデザートプレート用にシフォンケーキを焼きます。
何焼こう。
店主もちょこっと・・・西本金物さんとコラボ。

詳しくはFacebookページにて。

ASAKITA シャンティ facebookページ





----- plus c  web site -----




[PR]
# by plusc | 2018-03-19 14:14 | イベント | Comments(0)

今もなお

5日前の日曜日、ここで繰り広げられたステージ
バロンと世界一周トリオ LIVE。
本当に愉快なひとときでした。

今回は大人もこどもも楽しめるということで、ちびっこたちもたくさん来てくれました。
こどもさんたち、こんなに間近でライブを楽しむ機会は初めてだったのではないでしょうか。

もちろん大人のお客様もリズムに合わせて体を揺らしたり、始終にこやかに。

いろんな国のルーツ音楽に独特の歌詞を載せて
わたしたちを世界旅行へと連れて行ってくれました。


e0197500_12322550.gif




















いろんな楽器も飛び出して、ちびっこたちは目が釘付けになったり


e0197500_12322581.gif




















ほろり聴かせる曲もあれば


e0197500_12322525.gif




















思いきり乗れるナンバーもあり。
しかもタップにパントマイムにお客様とのダンスタイムなど盛りだくさんのショータイム!
聴きごたえ、見ごたえともに十分。

ヴォードヴィルの世界を堪能いただけたようです。

そして何よりメンバーの皆さんの素敵さと言ったら!

ここで、事後報告になりますが
ライブ前、店主は広島エフエムさんのラジオ番組に出演いたしまして
ライブ告知と店の紹介をさせていただきました。

恥ずかしいので誰にも告げずに出たところ
ダンドリしてくれた綾さんや、その番組のリスナーでもあった友人がSNSで広めてくれていて
何人かの方から「聞いてるよ~」とメッセージが。

前述した友人は、ラジオから流れてくるバロンくんの曲を聴いて
「久々にワクワクした!」と言ってくれ
旦那さん、こどもたちと一家5人で見に来てくれました。

彼女宅では翌日も、家でCDかけっぱなし。
家族全員でライブの話で大盛り上がりしたそうです。
こどもたちも小学校や保育園で先生に「ライブ行った」と話してくれたそう。

そして我が家もまだ収まらぬバロン祭り。
またしてもわたしたちが一番盛り上がっている感じ?



----- plus c  web site -----




[PR]
# by plusc | 2018-03-09 14:15 | イベント | Comments(0)

ボードヴィルって

わたしたちの年代でギリギリでしょうか
ボードヴィルと聞いてピンと来るのは。

さすがにエノケンさんはリアルタイムではありませんが
わたしが幼い頃にはトニー谷が一世を風靡しました。
子供たちはみんな彼の真似をして
そろばん片手に「あなたのお名前なんてえの?」ってやっていたものです。

そもそもボードヴィリアンとは
歌って芸もして踊ったりもして、と一人でなんでもこなすショーマンのこと。

バロンくんはウクレレ片手に独特な歌詞をメロディーにのせ歌います。
ときにはタップダンスが飛び出したり、ゆたんぽドラムをたたいたり。

今回は彼が率いる世界一周楽団のメンバーのうち
クラリネットとドラムの方を引き連れてのトリオライブ。

e0197500_17404686.gif





















手拍子だけじゃなく足拍子も出てしまう軽快なリズムの曲があるかと思えば
世情を突いたスパイシーな歌詞に考えさせられたり聴き入ったり。
哀愁漂うメロディーにはほろりと来たり。

店内でずっと流していますが、彼らの曲はほんとクセになる。

3月4日日曜日、必見のステージが繰り広げられます。


動画もあるのでご覧ください↓
https://www.youtube.com/watch?v=8bJ96w08Ypo




----- plus c  web site -----




[PR]
# by plusc | 2018-02-24 17:48 | イベント | Comments(0)

LIVEとともに

来月4日に plus c でライブをしてくださる「バロンと世界一周トリオ」
クラリネットの黒川紗恵子さんはオーガニックのアンダーウエアブランドの代表でもあります。
そんなご縁で、開場時間の16時30分より短い時間ではありますが
JUBAN DO ONI (ジュバンドーニ)の受注会を合わせて行うことになりました。
e0197500_12204836.gif





















ずっと、本当に自分が身に着けたいものを!とあれこれ試行錯誤を繰り返されたそうですが
そんな想いを形にしてくれるパタンナーの方との出会いから誕生したのがジュバンドーニ。
襦袢のように纏うだけの心地よさ、自慢したくなる鬼のパンツのを目指して。

ジュバンドーニは2016年に生まれたばかり。
それでも少しずつファンが増えています。

e0197500_12204861.gif





















締め付けたり、上げたり寄せたりは体にとってはとてもストレス。
ウエスト部分にはリブ素材を
腿の付け根には一般的なゴムよりも緩めなものを使用されているので窮屈感はゼロ。

体に優しいアンダーウエアというと、デザインやカラーは二の次というものが多いですが
こちらはカラーリングもきれいです。
これまでの展示会でのお客様の声を取り入れ
男性用のボクサーパンツにもピンクを取り入れられたり。

e0197500_12204828.gif





















体にもごほうびを。

JUBAN DO ONI web site



----- plus c  web site -----




[PR]
# by plusc | 2018-02-18 13:38 | イベント | Comments(0)